野菜ジュースにはどれくらいの糖質が含まれているのか?

野菜ジュースにはどれくらいの糖質が含まれているのか?

野菜ジュースの糖質量

野菜ジュースによって含まれている糖質の量は様々だと思いますが、特にダイエットを考えている方や糖質制限を病院から言われている方など、糖質を摂ってはいけない場合もありますよね。
こちらでは野菜ジュースと糖質の関係を紹介していきたいと思います。

 

野菜ジュースの原料は当然豊富な野菜と果物などである事がほとんどですが、それだけではどうしても「美味しくない」と感じられるため、砂糖や果糖などで甘みを加えて飲みやすくしているジュースが多いです。
さらに、甘味料を加えたりと、お子様でも飲みやすい野菜ジュースが多い反面、糖質が豊富に使われすぎている事も多く、野菜ジュース全てが美容、健康に良いとは言えないのです。
野菜ジュースを選ぶ際には、どんな目的であっても「砂糖不使用」と書かれているものを選ぶ事をおすすめします。

 

しかし、砂糖不使用と書かれていてもショ糖と記載されているものが多く、気になるという方もいらっしゃるでしょう。
ショ糖とは果物や野菜本来の甘みの事なので、基本的には砂糖や甘味料よりも良いものとされていますが、当然ショ糖出あっても多く含まれているジュースであれば、それだけ甘いですし、糖分を摂った事になってしまいます。

 

もし糖質を気にされる方がいれば、ショ糖が少ないもの、砂糖不使用のものを選び、少し「苦い」「おいしくない」と思うくらいの野菜ジュースを選んだ方が良いかもしれませんね。

 

糖質オフの野菜ジュース

糖質が全く使われていない野菜ジュースとはあるのでしょうか。
最近の野菜ジュースのほとんどが、飲みやすく美味しくて、お子様から野菜嫌いの方まで毎日でも飲めるものとなっています。

 

しかし、野菜ジュースの糖質は案外普通のジュースと同じくらい、もしくはそれ以上の量になっている事もあるので、もし糖質を気にされている方がいれば、野菜ジュースはいくら健康に良いと言われていても飲まない方が良いという事になってしまいます。
そういった糖質を気にする方のために「糖質オフ」と書かれた野菜ジュースもたくさん販売されていますが、確かにそれらには砂糖や人工甘味料などは一切使われていません。

 

その代わりに「ショ糖」という、野菜や果物本来の甘みをたくさん含んでいるので、自然な甘みを感じる事ができるのです。
野菜ジュースによっては甘みが少ない野菜や果物が原料となっており、決して美味しいとは言えないものの、健康重視に作られたものも多いので、もし糖質が気になる方はそういったものを選んでみましょう。

 

葉物野菜やブロッコリー、キャベツなどの緑黄色野菜をメインに使っているものだと、甘みが少ないので、健康目的で摂取するのであればおすすめです。

トップへ戻る