気になる塩分、野菜ジュースの塩分量ってどれくらい?

気になる塩分、野菜ジュースの塩分量ってどれくらい?

野菜ジュースの塩分量

最近では美味しい野菜ジュースが増えており、お子様でもゴクゴク飲めるものが増えてきていますが、気になるのが塩分ですよね。
もちろん、原料は野菜なので塩分は少ないものが多いですが、それでも1パックにつき塩分が全く含まれていないという事はあり得ないでしょう。
こちらでは野菜ジュースにはどのくらいの塩分が含まれているのか紹介していきます。

 

野菜ジュースのほとんどに記載されているナトリウムですが、これを塩分だと思っている方ももしかしたら多いかもしれませんね。
でも実はナトリウムは塩分ではなく、野菜由来のものであり、健康維持に必要不可欠な栄養素であるとともに、人工的に加えられたものではない事がほとんどです。
もし塩分が加えられている場合は、「塩分」と表示がありますので、そちらを参考にしてみましょう。

 

一般的な野菜ジュースに含まれている塩分の量は、0g〜0.6g程度である事が多く、味が濃いと感じるものほど塩分量が多いとされています。
しかし、塩分が多いものであれば逆に糖分が少ない事もあるので、トータルで何がどのくらい含まれているのか見る事が大切ですね。

 

また、たとえナトリウムであっても摂りすぎは良くありませんので、全ての成分がバランス良く配合されているのが望ましいでしょう。

 

塩分控えめの野菜ジュース

最近では減塩や塩分控えめといった言葉をよく耳にするようになりましたが、塩分控えめの野菜ジュースはあるのでしょうか。
特にお子様などに飲ませる際には塩分には気をつけたいものですよね。
こちらでは塩分が少ない野菜ジュースを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

一般的な野菜ジュースに比べて塩分が少ないものはたくさんあります。
特に「キャンベル V8野菜ジュース」は塩分を気にされている方にピッタリの商品です。
トマト、にんじん、セロリ、ビーツ、パセリ、レタス、クレソン、ほうれん草と8種類の野菜がしっかりとブレンドされており、野菜本来の甘みや味を引き出しています。

 

もちろん塩分は控えめで、食塩相当量に換算すると0.2gと一般的な野菜ジュースよりはかなり低めになっています。
特にトマトの味が強い野菜ジュースなので、トマト嫌いの方にはおすすめできませんが、野菜本来の味をしっかりと楽しめる味わいになっています。

 

もう一つ、「野菜一日これ一本」です。
よくスーパーなどでも見かける商品ではありますが、食塩が含まれていないうえ、添加物、砂糖も入っていないので、お子様からお年寄りまで安心して飲む事ができますね。
葉野菜や根菜類も入っているので、食物繊維やカルシウム、鉄、ビタミン、ミネラルなどもしっかりと摂取する事ができ、大変おすすめの商品ですよ。

トップへ戻る