子供でも飲めるおいしい野菜ジュースの作り方

子供でも飲めるおいしい野菜ジュースの作り方

おいしい野菜ジュースの作り方

野菜ジュースは市販でもネットでもたくさんの種類がありますが、せっかくなら自宅でこだわって美味しい野菜ジュースを作りたいですよね。
こちらでは美味しい野菜ジュースの作り方を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

野菜ジュースと言うと、なんだか自分で作るのは難しそうと思われる方も多いと思います。
その理由は、材料が多かったり、行程が多く手間がかかるからではないでしょうか?
しかし、基本的な作り方はとても簡単で、入れたい野菜をよく洗い、皮ごと一口サイズに切り、ミキサーにかけるだけでOKなのです。

 

初めに硬い果物や野菜から入れ、豆乳や水なども加えて作る場合はその次に入れると上手く混ざりますよ。
15秒?1分くらい混ぜるとなめらかになり、野菜ジュースが完成します。
入れるべきおすすめの材料は、りんご、にんじん、小松菜、バナナ、キウイ、パイナップル、トマト、セロリ、レモンなどです。

 

それぞれの野菜や果物の味の特徴を考えて、ご自分でオリジナルの野菜ジュースを作る事が可能なので、一度色々なレシピで試してみてくださいね。
セロリとトマトや小松菜のスムージー、にんじんのグリーンジュースなど様々な組み合わせで味は無限大になりますよ。

 

子供でも飲める野菜ジュースの作り方

野菜嫌いな子供も多く、中には野菜ジュースですら受け付けないという子供も実は多いのではないでしょうか。
しかし、野菜をきちんと摂る事で当然栄養がしっかりと摂れるので、固形の野菜が苦手な方は、せめて野菜ジュースで効率良く栄養を摂取したいですよね。
こちらでは、お子様でも美味しく飲める野菜ジュースの作り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

子供によって「どうしてもこの野菜はダメ」というのがわかっているのであれば、その野菜や果物は避けて野菜ジュースを作っても良いですし、他の野菜で味がカバーできるのであればコッソリと入れるのもおすすめです。
基本的にどんな野菜、果物でもジュースにする事ができますが、特に飲みやすいのが「にんじん+オレンジ+水」です。
人参が嫌いな子供も昔は多かったと思いますが、柑橘系のオレンジと組み合わせる事によって甘酸っぱく飲みやすい味になります。

 

オレンジは水分が多いので、ミキサーにかける時も楽にできますよ。
ピーマンが嫌いなお子様にはピーマン+バナナ+牛乳または豆乳もおすすめです。
ピーマンにバナナ!?と思われるかもしれませんが、これが意外とピーマンっぽさがなくなり美味しいのです。
色も綺麗なグリーンになるので、お子様が「おいしそう」と思う事間違いなしですよ。

 

栄養価の高いトマトを使うには「トマト+グレープフルーツ+はちみつ」がおすすめです。
トマトの青臭さがなくなるので、トマト嫌いのお子様でも美味しく飲む事ができますよ。

トップへ戻る