野菜ジュースはどんな野菜からできているのか?その原料について

野菜ジュースはどんな野菜からできているのか?その原料について

野菜ジュースの原材料

野菜ジュースにはどのような原材料が含まれているのか気になりますよね。
「健康に良い」とされる理由は一体何なのでしょうか。
野菜ジュースによっても含まれる原材料は様々だと思いますが、こちらでは様々な野菜ジュースに含まれる事が特に多い原材料について紹介していきます。

 

伊藤園、カゴメなど数多くの飲料メーカーから野菜ジュースが発売されていますが、例えば伊藤園の野菜ジュースにはどのような原材料が含まれているのでしょうか。
例えば、「1日分の野菜」だとにんじん、いんげん豆、モロヘイヤ、トマト、生姜、ゴーヤなどこちらには書ききれないほどの野菜が含まれています。

 

30種類もの野菜を使っているとの事なので、野菜不足の方にはとても嬉しい商品ですよね。
一方カゴメの野菜ジュースには、トマト、キャベツ、パセリ、ほうれん草など、葉野菜がたくさん使われており、伊藤園のものとはまた違った原材料が多く含まれている事に気付かれると思います。

 

様々な原材料を使って野菜ジュースが作られていますが、基本的にどの野菜ジュースにも葉野菜やトマト、人参は必ずと言っても良いくらい含まれている事が多いようです。
どの野菜ジュースにしようか迷った際には、原材料と成分の効果をチェックしてから選ぶのも良いですね。

 

野菜ジュースによく使われている野菜

野菜ジュースと言っても様々なものがありますが、どんな野菜ジュースにも含まれている野菜というのはあるのでしょうか。
こちらでは野菜ジュースによく使われている野菜について紹介していきたいと思います。

 

ほとんどの野菜ジュースに含まれているのが、にんじん、トマト、葉野菜です。
葉野菜と言っても様々な種類がありますが、特にキャベツ、ほうれん草は含まれている率が高いでしょう。
なぜこのような野菜がよく使われているかというと、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富だからです。
トマトを入れる理由は、トマトの特徴であるリコピンが豊富で、ダイエットや脂肪燃焼、免疫力UPなどに効果が絶大だと言われているからです。

 

人参にもβカロテンが豊富に含まれており、美肌効果、成長促進効果、がん予防効果などが期待できるので、にんじんが含まれている野菜ジュースはそれだけ栄養価が高いですね。
他には、ピーマンやブロッコリー、アスパラガスなどの緑色の野菜やインゲン豆、ビーツなどの豆類も使われる事が多いです。

 

野菜との相性が良いりんごやレモンなども含まれている事が多く、それらが甘みを引き出してくれますし、ビタミンやミネラルなどの成分も豊富なので、甘めの野菜ジュースが好きな方は果物が含まれているものを選んでも良いかもしれませんね。

トップへ戻る