赤ちゃんに野菜ジュースを飲ませても大丈夫なのでしょうか?

赤ちゃんに野菜ジュースを飲ませても大丈夫なのでしょうか?

赤ちゃんに野菜ジュースを飲ませてもいい?

赤ちゃんにすくすく元気に育ってもらうために栄養を摂らせたいと思うのは、親として当然の事だと思います。
しかし、赤ちゃんは大人のように固形物を上手に食べる事ができないので、必然的に水分や離乳食から栄養を補給する事になりますよね。
その際に、野菜不足を解消するために野菜ジュースを飲ませようと思っている方も多いと思いますが、赤ちゃんに野菜ジュースを飲ませても大丈夫なのでしょうか。

 

基本的に赤ちゃんに飲ませるべき飲み物は、ミルクや母乳などをはじめ麦茶、白湯がおすすめです。
もちろんベビー用の野菜ジュースであれば月齢5、6ケ月からと書かれてある事が多く、与えても問題ありません。
緑黄色野菜が豊富に含まれており、栄養価が高いので、1日1パックくらいであれば問題ないでしょう。

 

しかし、大人用の野菜ジュースを与えるのは赤ちゃんには早いかもしれません。
大人用野菜ジュースにはベビー用に比べて塩分や糖分が豊富に含まれているうえ、量も多いので、赤ちゃんが濃い味を気に入ってどんどんと飲んでしまう可能性があります。

 

大人用の野菜ジュースは少なくとも3歳くらいから与えるようにしましょう。
水で薄めて与える方法もありますが、それでもベビー用のものより塩分、糖分が多くなってしまったり、味が美味しくなくなったりするので、あまりおすすめはできません。

 

何歳から赤ちゃんに野菜ジュースを飲ませていいの?

栄養をたくさん摂らせたいがために、赤ちゃんに野菜ジュースを与えようと思っている方はもしかしたら多いかもしれませんね。
しかし、何歳から赤ちゃんに野菜ジュースを与えるべきなのか、親としては迷うのではないでしょうか。

 

基本的に、赤ちゃんに与えるべき飲料は、麦茶や白湯です。
なので、野菜ジュースに限らずジュースなどはあまり赤ちゃんには飲ませないほうが良いでしょう。
ただし、「ベビー用」と書かれた野菜ジュースであれば、記載されている月齢からなら与える事ができます。
市販のものの大半は生後5?6ヶ月から与えて良いと書かれているので、それ以降であれば問題ないでしょう。

 

当然塩分や糖分も含まれていますので、いくら栄養があると言っても1日に何パックも与えてはいけません。
1日1パックまでと決めておやつの時間に与えるなどすると、栄養もきちんと摂れて良いのではないでしょうか。

 

ちなみに大人用の野菜ジュースは1歳になっても、塩分、糖分が豊富なので与えない方が良いそうです。
水で薄めて与えても問題はないものの、味の品質が落ちるばかりか、栄養分も十分に摂れないので、やはり赤ちゃんにはベビー用を適量与えるのが正解でしょう。

トップへ戻る